人生の楽しみ方

思い切り人生を楽しむ!!

一度きりの人生、とにかく遊ぶ!楽しむ!

湘南国際マラソン2016の反省(ガーミン導入編)

 

slooProImg_20170214091009.jpg

初めてのGPSウォッチとして、GarminのForeAthlete 235Jを購入し、湘南国際マラソンで使ってみました。決して安い買い物ではありませんでしたが、結果は非常に満足しており、最近買ってよかったランキングでは、圧倒的1位をつけられる程です。


本記事は、前の記事
湘南国際マラソンを楽しみました。の続きです。


(補足)私のマラソン参加履歴、記録は[随時更新]私のマラソン履歴をご参照下さい。


心拍数を見たくてGPS時計を導入した
今回、フルマラソン8レース目にしてGPS時計を導入しました。機種はガーミンのForeAthlete 235J です。結果は大満足で、「今後は、Garminなしでは、マラソン大会は無理かもしれない」と思える程、便利でした。

ガーミン235J

この時計を購入する最大の動機は、心拍数を意識しながら走りたかったことです。ForeAthlete 235Jには手首で測れる心拍計がついており、ペースや距離と同時に心拍数をモニターしながら走ることができるのです。

ForeAthlete 235J心拍計
実は愛読している以下の本で心拍計の重要性について述べられており、前々から、この本で書かれているように、心拍数をベースとしてレース序盤のペースを決め、序盤の突っ込み過ぎを避け、ネガテイブ・スプリットの成功率を上げたいと思っていました。

今までは、設定ペースを守る様にしていましたが、ペースよりも心拍数を基準にする方が、当日の体調やコースのアップダウンを踏まえたペースになり、結果として序盤に突っ込みすぎて後半に落ち込むことを回避できるのです。


ForeAthlete 35Jと235Jで迷った
私がGPS時計の検討を始めた時期、GarminからはForeAthlete 35Jという最新機種が発売されました。

これは普段も使えるようなスマートなデザインで、手首の心拍計も付いており、何より価格が税込27,000円程度で、税込4万円近くの235Jより、かなり安いのです。

そこで私は最初のGPSウオッチとしてはForeAthlete 35Jが良さそうだと思ったのですが、考えた末に235Jにしました。

理由は、ランニング中の画面に同時に表示できる項目が多く、かつ、何を表示するかカスタマイズができることです。

私は現在、合計距離、合計タイム、ラップタイム、心拍数の4つを表示していますが、一目で必要な情報が分かり、とても重宝しています。
Garmin ForeAthlete235J 心拍計

この画面は、標準のもの以外に、ダウンロードして新しいものを追加することができ、5項目表示できるものもある様ですが、私はこの4つで足りています。


マラソン大会で使ってみた感想
今回の湘南国際マラソンでは、それまでの練習で自分のペース・体調・心拍数の関係をなんとなく把握しておき、最初の5キロは非常にゆっくりと(私の場合は心拍数120程度)そこから30kmまでは、心拍数が140程度を超えない様に意識しながら走ることで、しっかりと前半抑えることができました。

ただ、前の記事に記載した通り、肉離れのため足ができていなかったので、結果的には失速したのは反省点です・・

ただし、前述の本によると、後半は脱水が進み、心拍数が通常より上がってしまう「ドリフト現象」というものが起こる様で、後半は心拍数は当てにならないとのことです。ご注意を。


もちろんGPS機能も本当に便利!
これまでは、カシオのランニングウォッチで、手動でラップを記録していました。ラップタイムを計る場所は、レース本番ならコースのkm表示を参考にし、練習ではiPhoneアプリのRunkeeperで1キkmごとにアナウンスさせていました。

練習では、これによりペース感覚が研ぎ澄まされ、感覚でペースがわかるようになるなどのメリットはあったのですが、問題は本番です。レース後半に疲れてくると、km看板を見落としてラップを取り損ねたり、頭で今のペースを計算したりすることができなくなったりします。

しかし、この時計には、任意の距離ごとに自動でラップを取ってくれ、それを音やバイブレーションで知らせてくれる機能があります。わたしはレース本番では5km毎に自動ラップを取り、バイブレーションで知らせる設定にしていますが、これは頭を使わなくともよく、本当に便利です。

例えると、今まではスピードメーター、トリップメーターのない車に乗っていた所、ちゃんとした車に乗り換えたような感覚です。


ガーミンのForeAthlete235J、満足しています
この時計は本当に買ってよかったです。今後のマラソン大会は、Garminなしでは考えられない程です。

今回の湘南国際マラソンの反省としては、現在ペースを頻繁に気にしてしまい、細かなペースの上下が多かったように思います。走り出してしばらくして、心拍数が安定してからは、あまり時計を見すぎるのは考えものだと感じました。

購入した、Garmin ForeAthlete 235J


当初候補にしたForeAthlete 35J





スポンサーリンク



 

タグ : 

マラソンを楽しむ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る