人生の楽しみ方

思い切り人生を楽しむ!!

一度きりの人生、とにかく遊ぶ!楽しむ!

マラソンはやめられない!(湘南国際マラソン2014)

 

slooProImg_20141105075621.jpg

人生3回目のフルマラソン、湘南国際マラソン2014に参加し、無事に完走できました。


(最初に補足)
私のマラソンの参加履歴、ベスト記録などは、[随時更新]私のマラソン履歴の記事をご参照下さい。


湘南国際マラソンの感想
大規模大会ならではの華やかさ、派手さがありました。当日の天気も良く、とても晴れやかな雰囲気でのスタートとなりました。

会場の大磯プリンスホテル前の雰囲気
湘南国際マラソンの会場

有名な大規模大会とあって、やはり人が多く序盤は混み合いましたが、私が過去に出場した「富士山マラソン」や「かすみがうらマラソン」と比較すると、コース幅が比較的広く、かつ、あまり曲がりくねっていないため、全体的にスムーズに走ることができました

混み合うスタート前。右手には湘南の海。湘南国際マラソンのスタート


湘南国際マラソンのコース
軽い高低はありますが、ほぼフラットで、まっすぐなコースです。前述の通りコース幅も広いため、走りやすく、私が過去に参加した大会と比較し、湘南国際マラソンはタイムが出やすいコースかと思います。

(富士山マラソンは、20キロ過ぎに激しい坂がありました。かすみがうらマラソンは、フラットでしたが、コースが曲がりくねり、かつ狭かったです。)

ただ、海の見える爽快感に慣れてしまうと、単純な往復コースですから、だんだん単調に感じました。(贅沢なものです。)

湘南国際マラソン コース
湘南国際マラソンのコース


最大の敵は暑さでした。
2014の湘南国際マラソン、タイムはネットで4時間5分でした。3度目のフルマラソンで、ベストより5分遅れのワースト記録でした。

原因は練習不足と暑さでした。当日は非常によく晴れ、20度以上まで気温が上がりました。

給水も5キロ毎を意識していたのですが、足りなかった様で、後半、特に35キロ過ぎからは、脱水に悩まされました。

給水所は3キロ〜5キロ毎にあったのですが、今までのレースでは、時々寄らないことも有りました。しかし今回は、もっと給水所に寄る必要がありました。事前に当日の気候を見て、計画しておくべきでした。


湘南国際マラソンの良い点、悪い点
個人的感想です。

会場への直行バスが便利でした。
会場の大磯プリンスホテルはJR二宮駅・大磯駅いずれからも遠く、無料アクセスバスは時間帯により長蛇の列だったそうで、ランネットの大会レポートでは苦情も出ていましたので、可能であれば直行バスを利用すべきです。

トイレは、並びましたが、数は十分でした。
私は7時頃会場に入り、8:30の整列前3回ほどトイレに行きましたが、最長7〜8分待ち程度で入れた様に思います。

個人的に、給水に失敗しました。
35キロ過ぎからタイムがキロ1分ほど落ちました。これまではラストにタイムが余り落ちなかったので、練習不足の面も否めませんが、大きかったのは脱水です。当日の気温を考慮すると、もっと前半から積極的に給水すべきでした。

ゴール後、水を貰えませんでした。 これまでの大会ではゴール直後にペットボトルの水かスポーツドリンクを頂けたのですが、今回はメダルを頂いたのみ。会場内の給水テントを探す羽目になりました。フラフラでしたので、ちょっと辛かったです。

完走メダルは、まあまあ
湘南国際マラソン完走メダル
初フルマラソンの富士山マラソンの完走メダルが素晴らしかっただけに、比較すると、やや残念な作りのメダルでした。湘南国際マラソンは参加料が12,000円と非常に高額で、富士山マラソン(10000円)より高いのに、これかーと・・。(メダルのために参加しているわけでは無いのですが。)

ちなみに、かすみがうらマラソンはメダルはありませんが、フルマラソン5,000円とリーズナブルな大会でした。

沿道の応援、ボランティアは最高!
ずっと沿道の応援が途切れず、最後の方でバテバテな時など、本当に力になりました。ボランティアの方も声を枯らし応援しておられ、頭が下がりました。


これだからマラソンはやめられない
毎回、25km過ぎまでは大変楽しく、だんだん足が痛くなり、30km過ぎで辛くなり、35km過ぎでは「あと*km、あと*km・・・」と念仏の様に唱えながら辛さに耐え、「二度とマラソンなんかエントリーするものか!」と考え走っています。

しかし、ゴール直前に沿道からの「頑張れ!ラスト!」の声に涙腺が緩み、ゴール後には例え様のない達成感と感度。誰しも「自分で自分を褒めてあげたく」なります。

さっきまでの、二度とエントリーするものか!の誓いもどこへやら。これだからマラソンはやめられません。

もしこの様な気持ちを味わってみたいと思われたなら、ジョギングから始めてはいががでしょうか?いずれ、20kmを時々走れる様になれば、フルマラソン完走が見えてきます。


参考になるサイト
エントリーは、ランネットにて。主な大会シーズンは10月末から4月で、エントリーは半年〜4ヶ月前頃です。
RUNNET - 日本最大級!走る仲間のランニングポータル

練習メニューは、こちらを参考にしています。
ランニングに必要な知識のすべてが体験できる ランニングスクール+Q

ランニングとマラソンで、あなたの人生に、健康と達成感と、感動をプラスしてみては。




スポンサーリンク



 

タグ : 

マラソンを楽しむ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る