人生の楽しみ方

思い切り人生を楽しむ!!

一度きりの人生、とにかく遊ぶ!楽しむ!

車検費用は、パーツ持ち込みで節約する!

 

slooProImg_20160907084015.jpg

愛車(スバル・フォレスター SH型 2009年式)は、走行距離が11万キロを超え、3回目の車検を迎えましたが、前回の車検同様、パーツ持ち込みで15,000円ほど節約できました。


7年・11万km走行後の車検メニュー
私は車を購入したディーラーではなく、車検・中古車販売店専門店で車検をしています。理由は、やはりディーラーでの車検は費用が高いからです。

今回、見積した結果、必要な整備は次の通りでした。

特に整備・交換が必要だったもの
  • ブレーキのオーバーホール
  • ブレーキパッド交換(前後)
  • ラジエーターのキャップ交換

車検メニューに入っていたもの
  • クーラント
  • エンジンオイル・オイルフィルター

こちらからお願いした作業
  • ATフルード交換
  • デフオイル *AWDのため前後
  • パワステオイル
  • アライメント調整

ブレーキは、冬のスキー場通いの塩害のため、かなり錆が進んでおり、オーバーホールが必要となりました。

油脂類は、走行距離が年間18,000km程度と多めのため、車検都度、全交換することにしています。

ちなみに、エンジンオイルは普段から3,000km毎、オイルフィルタは二回に一回交換しています。「交換頻度は高く、でもオイルは安いもの」です。スバルのターボ車のメーカー指定オイルはとても高価で、頻繁に交換できませんので、車検屋指定の安いオイルにしていますが、今の所問題は出ていません。夏冬とも、オイル粘度なども変えていません。

アライメント調整に関しては、先日に前後のショックアブソーバーを交換した際に調整していなかったので、今回調整しました。


車検は、持ち込みで節約する
私が車検をお願いしているお店は、部品持ち込み可能です。そのため、毎回、Amazonや楽天などで安価に入手できる部品は、できるだけ持ちこむ様にしています。

例えば、2年前の前回の車検では、ブレーキローター前後、ブレーキパッド前後、バッテリーを持ち込みましたし、1年前の10万km点検では、タイミングベルト一式、ウォーターポンプ一式を持ち込みました。

今回は、ブレーキパッド(前後)を持ち込みました。これらは2年前の車検でも持ち込んだもので、すでにメーカーでは欠品になっていましたが、まだネットでは在庫がありました。

フロント ブレーキパッド

リヤ ブレーキパッド

この持ち込みで、節約できた金額は14,782円でした。内訳は次の通りです。

当初の見積り(メーカー純正):合計25,380円

  • フロント 14,148円
  • リヤ 11,232円

持ち込んだもの:合計10,642円
  • フロント 5,458円
  • リヤ 5,184円


乗り換えしなかった理由
私のクルマは、新車から7年で11万キロ超を走り、色々とヘタってきています。



また、私は東京都在住ですか、冬季はスキー場に行く回数が多いこともあり、かなり下回りの錆が進んでいます。この錆のために、マフラーは5年目の車検に合わせて交換しています。

しかし、エンジンはまだまだ元気で、キャンプやスキー場への行き帰りなとのロングドライブでも、疲れずに安心して運転できています。

そのため、新しいクルマへの誘惑もありますが、今のクルマには大きな不満もないことから、深刻な故障が発生しない限り、最大あと四年(合計11年)目安に、乗り続けたいと思います。

(本当は、キャンプの際に「もっと荷物が積めれば良いのに」とか、「安全装備のEyeSight(アイサイト)が欲しい」とか、「4ATだから、雪の下り坂のエンブレが、ちょうど良いスピードにならないな」等、細かな不満はありますが・・)


車ではなく、カーライフにお金をかける
私は、家族でのキャンプ・スノーボート・旅行や、マラソンなどの趣味を楽しむため、クルマが「なくてはならないもの」だと思っています。

しかし、私の限られた収入の中で、クルマ本体の買い替えや維持にお金をかけすぎると、趣味のお金が続きません。

(某ディーラーのキャッチフレーズではありませんが)私は車そのものだけでなく、「車のある人生」を楽しみたいと考えています。

そのためには、優先順位をよく考えて、必要な整備をしっかりと行いつつ、削れる部分は節約することが肝要だと考えています。




スポンサーリンク



 

タグ :

車のメンテナンス   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る