人生の楽しみ方

思い切り人生を楽しむ!!

一度きりの人生、とにかく遊ぶ!楽しむ!

赤倉観光スキー場、アクセス・リフト・コースとも、満足!

 

slooProImg_20150123231148.jpg

雪の中、いつもの妙高杉ノ原スキー場ではなく、初めて赤倉観光リゾートスキー場へ行ってみました。


赤倉観光リゾートスキー場について

赤倉観光リゾートスキー場は、長野道の妙高高原インターから10分程度の場所にあるスキー場です。

ゲレンデガイド | 赤倉観光リゾートスキー場 | AKAKAN(アカカン) -アカるいジカン。

赤倉観光リゾートスキー場は、隣の赤倉温泉スキー場と接続しており、全山共通券を利用すると、より楽しめます。(今回、我が家は赤倉観光リゾートスキー場のみのリフト券を買いました)

赤倉観光リゾートスキー場の良いところ

高速道路から、とにかく近いので、距離の割に短時間で着きます。

妙高高原インターの近く。
赤倉観光スキー場

この日は、ずっと雪でした。
赤倉観光スキー場

さらに駐車場は無料で、駐車場のすぐ横がゴンドラ乗り場ですので、その点でも時間のロスが少ないスキー場です。

リフトは全てフード付きクワッドで、ゴンドラもあります(このあたり、福島のグランデコと似ています)。そのため、この日のように吹雪いていても、リフト・ゴンドラは快適でした。

ゴンドラ乗り場は、駐車場すぐ横
赤倉観光スキー場

ゴンドラはレトロな雰囲気。グランデコなどど同じタイプ。
赤倉観光スキー場

麓のリゾートセンターは、レストランや地下のトイレなどの設備も大変綺麗でした。
赤倉観光スキー場


赤倉観光スキー場

綺麗な更衣室
赤倉観光スキー場

ロッカーもあります。
赤倉観光スキー場

そういえば、欧米の方が非常に多かったです。それだけ海外で有名なのでしょうか。

そしてなにより、山頂の雪の良さが特筆できます。この日はたまたま積雪が多かったこともあるのですが、フカフカのパウダースノーを、ゲレンデ内で楽しむことができました。

このパウダーを求めて、パウダー板を履いたスキーヤーやスノーボーダーが続々とコース外に向かっておりました。(ただしコース外は大変危険です。まさにこの日に、赤倉観光リゾートスキー場のコース外では、雪崩で1人が遭難、亡くなっています。)

コース外に行く人も多い
赤倉観光スキー場

このスキー場、私のような一般のスノーボーダーにとっては、コース内でも十二分のパウダースノーを楽しむことができます。


赤倉観光リゾートスキー場が。今ひとつな点

山頂までゴンドラとリフト二本で行けますが、下半分は緩斜面で、妙高杉ノ原のように爽快にロングクルージング、という感じではありませんでした。我が家は結局、山頂からのパウダーを繰り返スキー場ことにしました。(十分楽しかったですが)

リゾートセンターのレストランは、オシャレで美味しかったのですが、待ち時間がとても長かったのは残念でした。急ぐ方はリゾートセンターは避けたほうが良いかもしれません。

その他は、あまり残念な点はありませんでした。


赤倉観光リゾートスキー場のまとめ

今回は吹雪の中、パウダーを十分に楽しみました。次回は赤倉全山共通券を買い、晴天の中で赤倉温泉スキー場含めスノーボードを楽しみたいと思います。

妙高といえば、我が家は杉ノ原ばかりでしたが、新たな選択肢ができました。
(ただ、妙高杉ノ原の小学生無料は、やはり魅力ですが・・・)


メモ:今シーズン雪山通算6日目、赤倉観光リゾートスキー場は初(多分人生初)。






スポンサーリンク



 

タグ :  

スノーボードを楽しむ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る